人生最後のダイエットに!本気で痩せたいなら本気で見つけよう!

食事質変えのダイエット

食事質変えのダイエット

 

 

年齢:31歳
性別:女性
継続年:30歳?31歳 1年間


 

 

産後太りで体型が崩れ、膝にも痛み

 

30歳の時に初めての出産を経験しました。臨月に平常時から10sも増えましたが、周りの友人もその程度ならザラで、みんな産後数ヶ月で元通りの体型に戻っていました。

 

私も当然そうなると思っていたのですが、産後すぐは平常時+5sほどだった体重が、なんと3ヶ月で臨月と同じ10sにまで戻ってしまいました。
お腹だけがパンパンだった臨月とは違い、全体的にダルっと肉が付いてだらしない体型に。
太った上に子供を抱いて歩くので、膝がミシミシと痛み始めました。

 

このままでは大変!と、ダイエットを決意しました。

 

 

食事の量を減らさずに、質を変える

 

私の場合、運動や食事の減量は難しい状況だったので、食べるものの質にこだわりました。

 

ダイエットをすると言っても、まだ子供が小さいのでジムに通ったりジョギングをしたりはできません。季節が冬だったこともあって、外出は近くのスーパーに行く程度でした。

 

おまけに、授乳をしているせいもあっていつも以上にお腹がすきます。
夜中に授乳をして、ついつい冷蔵庫からプリンを…なんていうこともよくありました。

 

思うように外出ができず、慣れない育児で気持ちにも余裕がなかったので、「この状況で過度な食事制限をしたら、ストレスで絶対に続かないな」という自信があったので断念。

 

そんな状況でダイエットをするには、とにかく食べるものの質を変えるしかないと思って実践しました。

 

まず、甘いものや油っこいものを徹底的に控えました。
それまではドーナツやチョコレート、唐揚げや天ぷらなど、糖分と油分のオンパレード。「体が欲してるから」「赤ちゃんの分まで食べなきゃ」などと自分に言い訳をして、太って当然のものを食べていました。

 

産後で胃腸や肌の調子もいまいちだったので、とにかく体にいい、和食中心の食事を心がけました。

 

唐揚げの代わりに焼き魚、おやつには蒸かし芋。おかずにはこんにゃく・白滝やキノコ類を多用して、極力ヘルシーなメニューにしました。

 

常に何となく物足りない気持ちはありますが、空腹感はないのでなんとか続き、産後1年で元の体重に戻すことに成功。今は少しだけルールをゆるくしましたが、継続できています。

 

娘の自慢のママになる

 

子供が保育園に通い始め、あと1・2年すれば友達もできると思います。友達に「私のママきれいでしょ」と言って貰えるような体型を維持したいなと思っています。

page top